使い捨て哺乳瓶『Chu-bo(チューボ)』を使ってみた!使い方や特徴を解説

こんにちは、たみです。

  のアイコン画像  

外出時に哺乳瓶を持ち歩くのって荷物になるよね。

  のアイコン画像  

赤ちゃん連れで旅行に行くから、少しでも荷物を減らしたい!

こんな悩みがある人には『使い捨て哺乳瓶』がおすすめです!

私は旅行の時に使用したのですが、荷物は減らせるし使い方は簡単でとても便利でした。

私が使用していたものは、

おでかけ用哺乳ボトル Chu-bo(チューボ)

です!

この記事では『おでかけ用哺乳ボトルChu-bo(チューボ)』の特徴や使い方についてまとめています。

目次

『おでかけ用哺乳ボトル Chu-bo(チューボ)』とは?

『おでかけ用哺乳ボトル Chu-bo(チューボ)』は相模ゴム工業から販売されている使い捨て哺乳瓶です。

特徴は以下の5つです。

消毒不要ですぐ使える

コンパクトで軽量なので持ち運びに便利

赤ちゃんの月齢に合わせて、乳首の穴の大きさが変えられる

哺乳ボトルに目盛りがついているため、調乳しやすい

ジャバラ式なので、ボトルの角度が変えられる

消毒不要ですぐに使える

チューボは消毒済の使い切りタイプの哺乳ボトルです。

そのため、開封後消毒不要ですぐに使うことができます

コンパクトで軽量なので持ち運びに便利

チューボはジャバラ式の哺乳ボトルで、開封前はカプセルに入っています。

容量は250mlです。

開封前であれば、大きさは160ml哺乳瓶の半分程度です。

とてもコンパクトで軽いので、荷物の中に入れていてもスペースを取りません。

赤ちゃんの月齢に合わせて、乳首の穴の大きさが変えられる

チューボの乳首の吸い穴は楕円形になっています。

赤ちゃんにミルクを飲ませる時に哺乳ボトルの向きを変えることで、吸出し量を調整することができます

乳首の根元に1~3の数字が書いてあります

1:0~3ヵ月(吸出し量:小)
2:4~6ヵ月(吸出し量:中)
3:7ヵ月以上(吸出し量:大)

赤ちゃんの月例に合わせ、1~3の数字が上向きになるようにボトルを持つと、吸出し量を調整できます。

哺乳瓶には目盛りがついているため、調乳しやすい

ボトルには20ml毎に目盛りがついています

目盛りは見やすいので、調乳もしやすいです。

ジャバラ式なので角度が変えられる

チューボはジャバラ式の哺乳ボトルなので、ボトルの角度を調整することができます。

授乳時に赤ちゃんの首の角度に合わせてボトルの角度も調整できるので、自分も赤ちゃんも楽な体制で授乳をすることができます。

チューボの使い方

チューボの使い方はとても簡単です。

使い方はカプセルの外装にも記載されているので、読みながら使用しましょう

①カプセルを開封すると蓋の裏側に乳首とキャップがセットされています。

まだ乳首とキャップは取り外さず、置いておきます。

②ボトルをカプセルから取り出し、ジャバラを引き延ばします。

③ミルクを調乳します。

④乳首をキャップを蓋から取り外し、ボトルに取り付けます。

(写真ではミルクは入れてません。)

⑤ミルクが適温になったら授乳します。

(赤ちゃんの月例に合わせてボトルの向きを変え、吸出し量を調整します。)

チューボが買える場所、値段は?

チューボは赤ちゃん用品店で販売されています

Amazonや楽天市場などのネット通販でも取り扱っています

ドラッグストアは、私が住んでいる地域で販売しているところはありませんでした。

(田舎だからなのかも?)

4個パックと単品が販売されており、値段は

4個パック:1,200円(税別)

単品(1個):300円(税別)

となっています。

チューボを使う時、液体ミルクも使用すると授乳がさらに楽になるのでおすすめです。

使い捨て哺乳瓶が売っているところには液体ミルクも合わせて売られていることが多いですよ。

使用する時の注意点

とても便利なチューボですが、注意点があります。

それは、赤ちゃんがチューボでの授乳に慣れていない場合、飲むのを拒否することがあることです。

私の息子も初めてチューボを使用した時はほとんどミルクを飲んでくれませんでした。

何度か使用するうちに慣れたため問題なく飲めるようになりましたが、個人差はあると思います。

外出や旅行の時に使う予定がある場合、一度自宅で試しに使ってみた方が良いでしょう

チューボは使いやすく、とても便利!

チューボは使い捨て哺乳瓶の中でも人気があり、赤ちゃん用品店には必ずと言っていいほど売られています。

手に入りやすく使い方も簡単なため、使い捨て哺乳瓶を初めて使う方でもおすすめです。

1個300円と決して安くはないため、常用するには難しいかもしれません。

ですが、旅行の時に使ったり、災害時用の備蓄にはぴったりです。

液体ミルクと合わせて自宅に置いておけば、いざという時にすぐに使えて便利ですよ。

使い捨て哺乳瓶が気になっている方は、ぜひ1度チューボを使ってみてくださいね。

ご覧いただき、ありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる