赤ちゃんが麦茶を嫌がる!息子が麦茶を飲めるようになった対策を教えます

  のアイコン画像  

赤ちゃんに麦茶を飲ませてみたけど、嫌がって全然飲んでくれない。

  のアイコン画像  

麦茶を嫌がる赤ちゃんへの対応がわからない。

水分補給をしてほしくて赤ちゃんに麦茶を飲ませても嫌がって飲んでくれないこと、ありますよね。

我が家の息子も麦茶デビューをした頃、麦茶を口に入れても吐き出されてしまい、どうしたものかと悩んでいました

離乳食講座などで他のママさんから「うちの子は麦茶大好きでグビグビ飲んでくれます」なんて話を聞くと、なんとなく焦ってしまうことも。

たみのアイコン画像たみ

全然焦る必要なんてないんですけどね…

今回は麦茶嫌いだった息子が、麦茶を飲めるようになるまでにやった対策をまとめていきます。

目次

麦茶を飲ませはじめるのはいつから?

赤ちゃんに麦茶を飲ませ始めるのは、生後5〜6ヶ月頃が目安です。

赤ちゃんに麦茶を飲ませる理由としては『水分補給をしてほしい』という理由が多いと思います。

ですが、離乳食が始まる前の赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクで十分なんです。

市販の赤ちゃん用麦茶には生後1ケ月から飲めるという記載もあるので、飲ませて悪いことはありません。

ただ、水分補給という点でみると、早くから麦茶を飲ませる必要は特にないようです。

ですが、離乳食を始めるとだんだん母乳やミルクの摂取量が減るため、その分水やお茶などで水分摂取をする必要があります。

そのため、麦茶を飲ませ始める時期としては離乳食が始まる5~6ケ月頃が目安になります。

麦茶を嫌がる息子が麦茶を飲めるようになるまでに行った対策

我が家の息子に麦茶を飲ませ始めたのは生後6ケ月の時です。

離乳食を生後6ケ月から始めたため、同じタイミングで赤ちゃん用麦茶を飲ませ始めました。

ですが息子、麦茶を全く受け付けない

赤ちゃん用麦茶をスプーンで1さじ口に入れても、嫌そうな顔をして口から出されてしまうことがほとんどでした。

なんとか麦茶の味に慣れてほしくて、ひとまず赤ちゃん用麦茶をお湯でかなり薄めてチャレンジ

もうほとんど麦茶の味しないかも、、というくらい薄めたら1さじ飲んでもらえました。

そこから毎日、離乳食のタイミングで薄めた麦茶を少しずつ飲ませて味に慣らせる作戦を決行

薄めた麦茶を吐き出すことなく飲んでくれるようになったら、麦茶を薄めるお湯の量を減らしていくという方法を試してみました。

その結果、1ケ月程で赤ちゃん用麦茶を薄めなくても飲んでくれるようになりました

お粥や野菜など他の離乳食を食べている合間に麦茶を与えると、わりと抵抗なく口にしてくれていました。

たみのアイコン画像たみ

嫌がる時は無理強いせず、翌日以降に再チャレンジするようにしていました。

あとは飲ませるタイミングとして、離乳食の時だけでなくお風呂上りや寝起きなど、喉が渇いていそうな時に与えると飲んでくれることも多かったです。

飲める量が増えてきたら、スパウトマグや哺乳瓶を使って飲ませていました。

哺乳瓶で麦茶を飲ませる場合、哺乳瓶によってはミルクに比べて中身が勢いよく出てくることがあります

むせてしまうことがあるため、様子を見ながら赤ちゃんに飲ませてください。

とはいっても、グビグビ飲んでくれるわけではなく、飲んでも3~4口程度。

しっかり量を飲んでくれるようになったのは1歳過ぎてからでした。

息子は1歳で卒乳したため、母乳からの水分摂取が減った影響もあったのかな?と思います。

麦茶を飲ませる時の注意点

麦茶はノンカフェインなので、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。

とはいえ、最初から冷たい麦茶をたくさん与えるなんてことはしてはいけません。

麦茶を飲ませる時に注意するべきポイントは

2つあります。

・初めて麦茶を与える時はアレルギーに気を付ける

・麦茶を与える時は飲みやすい温度にして与える

初めて麦茶を与える時はアレルギーに気を付ける

食物アレルギーといえば卵・牛乳・小麦が三大アレルゲンとして有名ですが、大麦アレルギーも存在します

麦茶の原料は大麦なので、大麦アレルギーがある場合は麦茶を飲むとアレルギー症状が出現してしまいます。

そのため、初めて麦茶を与える時はスプーン1さじ程度の少量から始めることが大切です。

そして与える時間はなるべく平日の午前中が理想です。

万が一アレルギー症状が出現しても、すぐに小児科に駆け込める時間帯に与えましょう。

たみのアイコン画像たみ

離乳食で初めての食材を与える時と同様に、麦茶も『少量から午前中に!』が基本です。

麦茶を与える時は飲みやすい温度にして与える

麦茶は冷蔵庫で保管している家庭が多いと思いますが、赤ちゃんに与える時は必ず少し温めて飲みやすい温度にして与えましょう。

生後5~6ケ月頃の赤ちゃんは、まだ胃腸の働きが未熟です。

そのため冷たい飲み物を与えると胃腸に負担がかかり、下痢などの症状を引き起こすことがあるので注意しましょう。

たみのアイコン画像たみ

私は電子レンジで温めて、適温まで冷ましてから息子に飲ませていました。

麦茶を嫌がる息子が麦茶を飲めるようになるまでにやったことのポイントまとめ

我が家の息子が麦茶を飲めるようになるまでに行った対策のまとめです。

・最初は赤ちゃん用麦茶をかなり薄めて、少しずつ味を慣らす

・薄めた麦茶を飲めるようになったら、少しずつ薄めるお湯の量を減らしていく

(お湯より麦茶の割合が多くなるようにしていく)

・毎日、離乳食を食べるタイミングで麦茶を与える

・粥や野菜など、他の離乳食を食べている合間に麦茶を与えてみる

・喉が渇いていそうなタイミング(入浴後、起床時等)で麦茶を与える

麦茶を嫌がられてしまうと、どうやって水分摂取をさせようか困ってしまいますよね。

我が家も息子が麦茶デビューをしたのが真夏だったので、水分補給のためにどうしても飲んでほしくて必死でした。

ですが、息子からしたら母乳・ミルク以外の初めての飲み物。

少し苦みもあるし、そりゃ嫌がりますよね。

結局麦茶をしっかり飲んでくれるようになったのは1歳過ぎなので、麦茶デビューをした真夏の頃の水分摂取はほぼ母乳とミルクでした。

それでも脱水やひどい便秘などになることはありませんでした。

しっかり母乳・ミルクが飲めていれば、そんなに焦って麦茶を飲ませる必要はないのかなと思います。

(脱水やひどい便秘など、水分不足による症状があれば話は別かと思いますが…。)

麦茶を嫌がられても、それはよくあることです!

根気よく味に慣らしていってあげましょう(*^^*)

赤ちゃんが麦茶を嫌がらずに飲めるよう応援しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる