【ワンオペ二人育児】2歳と0歳を同時にお風呂に入れる手順とポイント

  のアイコン画像  

子ども2人を自分1人でお風呂にいれなきゃ。
でも、どうやればいいの?

こんな悩み、ありませんか?

私は現在2歳と0歳(生後3ケ月)の息子2人を、自分1人でお風呂に入れています。

最初はかなり大変でしたが、今ではかなりスムーズに入れられるようになりました。

今回は、2歳と0歳の子ども2人を同時にお風呂に入れる手順とポイントを紹介します。

たみのアイコン画像たみ

下の子は生後3ケ月なので、1人では動かない(寝返りもしない)前提でのお風呂の入れ方です。

目次

二人同時にお風呂に入れる手順とポイント

2歳と0歳の息子二人をお風呂に入れる手順は以下の通りです。

①お風呂の準備をする

②入浴後の着替えと部屋の準備をする

③自分→上の子→下の子の順で服を脱ぐ

④下の子をバスタオル・毛布でくるむ

⑤上の子と浴室へ

⑥自分→上の子の順に洗う

⑦下の子を浴室に連れてきて、バスチェアに寝かせる

⑧上の子を湯舟に入れる

⑨下の子を洗う

⑩自分と下の子も湯舟に入る

⑪下の子を湯舟から上げてバスチェアに寝かせる

⑫上の子を湯舟から上げて体を拭く

⑬自分にバスタオルを巻く

⑭下の子を脱衣所のハイローチェアに移動させてバスタオルでくるむ

⑮みんなでリビングへ移動

⑯子供たちのスキンケア・着替え

⑰自分の着替えをする

⑱自分と上の子の髪を乾かす

⑲下の子に授乳する

それぞれ具体的に説明していきます。

①お風呂場の準備をする

お風呂場に下の子を寝かせるバスチェアを置いておきます。

使用しているのはアップリカのバスチェアです。

背もたれがリクライニングできるようになっているので、新生児期から使えます。

入浴後に自分と上の子の体を拭くタオル、自分のスキンケア用品もお風呂に準備。

あとは上の子に着せるバスローブとおむつも置いておきます。

脱衣所には下の子を寝かせておくハイローチェアを置き、バスタオルを広げておきます。

たみのアイコン画像たみ

ハイローチェアがなければ、バウンサーや座布団でも大丈夫です。

時期が冬なら浴室暖房をONにして、浴室を温めておきます。

②入浴後の着替えと部屋の準備をする

入浴後はリビングで着替えをするので、子供達と自分の着替えを準備します。

下の子はベビーベッドで着替えるので、下着と服・おむつをセットしておきます。

子供達のスキンケア用品も着替えと一緒に準備しておきます。

入浴前後の準備を万全にしておかないと、ワンオペ風呂が尚更大変になります!

スムーズにお風呂に入れるためにも、準備は万全にしておきましょう

③自分→上の子→下の子の順で服を脱ぐ

子供達を連れて脱衣所へ移動。

下の子はハイローチェアに寝かせておきます。

自分→上の子→下の子の順で服を脱ぎます。

上の子は何でも自分でやってみたい年頃なので、服も自分で脱げるところは脱いでもらっています。

ただ時間がかかるので、下の子の服を脱がせるのを最後にして体が冷えないようにしています。

たみのアイコン画像たみ

急いでいる時は私がさっさと脱がせちゃいますけどね。

④下の子をバスタオル・毛布でくるむ

下の子の服を脱がせたら、体が冷えないようにバスタオルと毛布でくるみます。

口元まで塞がないように注意してくださいね。

⑤上の子と浴室へ

下の子を脱衣所で待たせて、上の子と先にお風呂場へ移動します。

⑥自分→上の子の順に洗う

上の子をおもちゃで遊ばせている間に自分を先に洗います。

洗い終わったら浴室に持ち込んでいた化粧水と乳液をササっと塗ってスキンケア。

たみのアイコン画像たみ

スキンケアしておかないと顔が乾燥して辛いので、ササっと浴室内で済ませます。
(スキンケアとして正しい方法なのかは謎ですが。)

自分のことが終わったら上の子を洗います。

⑦下の子を浴室に連れてきて、バスチェアに寝かせる

上の子を浴室に待たせたまま、脱衣所にいる下の子を浴室に連れてきます。

たみのアイコン画像たみ

浴室のドアは開けっ放しにして、上の子から目を離さないように!
一人で湯舟に入ったりすると危険です!

下の子をバスチェアに寝かせます。

⑧上の子を湯舟に入れる

上の子を湯舟に入れて、おもちゃで遊ばせておきます。

本当は下の子を洗い終わるまで待たせて一緒に湯舟に入りたいのですが、待っていられないので…

おもちゃはお気に入りの物を準備して、飽きずに遊んでいられるようにしています。

万が一転倒すると溺れる危険があるので、お湯の量は設定できる中でも一番少なめにしています

たみのアイコン画像たみ

2歳の息子の膝上くらいの水位です。

おもちゃはお気に入りの物を準備しておきましょう。

溺水予防のため、浴槽のお湯の量は少なめに!

我が家の湯舟は床が滑りやすいので、湯舟の底に滑り止めマットを敷いて転倒予防をしています


【楽天1位】浴槽 滑り止めマット お風呂 介護用品 子ども 妊娠中 妊婦 洗い場 転倒防止 吸盤付き すべり止めマット 浴槽 滑り止め お風呂 滑り止め 洗濯可能 カット可能 100×40cm ブルー ピンク 透明

⑨下の子を洗う

下の子を膝の上にのせて洗います。

下の子を洗いながらも、湯舟で遊んでいる上の子の様子もチラチラ確認。

⑩自分と下の子も湯舟に入る

下の子を洗い終わったら湯舟に入ります。

たみのアイコン画像たみ

やっと一息つける感じです。

とはいえ、赤ちゃんは長湯するとのぼせやすかったり、肌の水分が失われて肌荒れをしてしまったりする危険があります

そのため、湯舟に浸かるのは3~5分くらいです

⑪下の子を湯舟から上げてバスチェアに寝かせる

湯舟から上がるときは、下の子から上げます。

下の子をバスチェアに寝かせ、軽く体を拭いて待っていてもらいます。

⑫上の子を湯舟から上げて体を拭く

上の子を湯舟から上げて頭と体を拭き、おむつとバスローブを着せます。

たみのアイコン画像たみ

冬場だと脱衣所が寒いので、浴室内で着せちゃってます。

⑬自分にバスタオルを巻く

自分の頭と体を拭いて、体にバスタオルを巻いておきます。

もちろんバスローブでもOKです。

たみのアイコン画像たみ

バスローブ欲しいけど、なんとなくもったいない気がして買ってません。
でも、持っていれば絶対便利だと思う。

⑭下の子を脱衣所のハイローチェアに移動させてバスタオルでくるむ

脱衣所に準備しておいたハイローチェアに下の子を寝かせてバスタオルでくるみます。

寒い日はその上から毛布もかけます。

⑮みんなでリビングへ移動

ハイローチェアを押しながら、上の子も連れてみんなでリビングへ移動します。

⑯子供たちのスキンケア・着替え

上の子は着替えさせようとすると逃げ回って時間がかかるので、短時間で着替えさせられる下の子から着替えをしています。

子供たちのスキンケアをして、準備しておいたパジャマを着せます。

⑰自分の着替えをする

子供達を着替えさせたら自分の着替えをします。

⑱自分と上の子の髪を乾かす

下の子が泣いていれば先に授乳することもありますが、基本的には自分と上の子の髪を乾かしてしまいます。

⑲下の子に授乳する

下の子に授乳をしたらワンオペ風呂終了!

入浴準備開始から授乳終了まで、大体40分くらいかかっています。

子ども2人をワンオペでお風呂に入れるポイント・便利グッズまとめ

改めて、2歳と0歳の子供を同時にお風呂に入れるポイントをまとめます。

・入浴前後の準備は万全にしておく

・浴槽のお湯の量は少なめに

・(上の子用の)おもちゃはお気に入りを準備する

そして、ワンオペ風呂に重宝したグッズは以下の3つです。

・バスチェア

・滑り防止マット

・子ども用バスローブ

ワンオペでのお風呂はとても大変ですが、慣れてしまえばスムーズに入れられるようになりますよ。

今回紹介した手順を参考にして、自分のやりやすい方法を見つけてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる