【実体験】赤ちゃんが泣き止まない時の対策を紹介!生後2ケ月の赤ちゃんが泣く原因とは?

  のアイコン画像  

生後2ケ月に入った頃から赤ちゃんが泣き止まなくなっちゃった。
なんで泣いてるのかわからないし、どうすればいいの?

こんな悩み、ありませんか?

赤ちゃんが何をしても泣き止まないと困ってしまいますよね。

我が家の次男も生後2ケ月を迎えましたが、びっくりするほどよく泣きます。

赤ちゃんからしたら何か訴えたいことがあって泣いているんでしょうが、ずっと泣き声を聞いていると気が滅入ってきてしまいますよね…

今回は、生後2ケ月の赤ちゃんが泣く原因と対策を紹介します。

原因と対策を知って、赤ちゃんにギャン泣きされても少し気楽に対応できるようになれたらいいなと思います。

目次

生後2か月の赤ちゃんが泣き止まない原因

生後1ケ月~生後2ケ月は赤ちゃんの泣きのピークと言われています。

考えられる原因は以下の通りです。

赤ちゃんが泣いている時は当てはまるものがないか確認してみてください。

1.お腹が空いている

2.おむつが汚れている

3.室温が暑いor寒い

4.げっぷが出ない

5.服が窮屈

6.痛い・かゆいところがある

7.特に理由はない・寂しい 等

お腹が空いている

生後2ケ月の赤ちゃんはまだ胃が小さいため、一度にたくさんの母乳・ミルクを飲むことができません。

特に母乳は消化されるのが早く、授乳後お腹が空くまでの時間が短いです。

お腹が空いて泣いている場合は、授乳をしてお腹がいっぱいになれば赤ちゃんは泣き止みます。

おむつが汚れている

おむつが汚れて不快な時に赤ちゃんが泣くことがあります。

おむつが汚れていないか確認して、汚れていたら取り換えましょう。

部屋が暑いor寒い

部屋が暑すぎたり寒すぎたりすれば、大人でもあまり気分はよくありません。

赤ちゃんも同じで、暑かったり寒かったりすると泣くことがあります。

暑い時は顔が赤くなったり汗をかいたりしますし、寒い時は手足が冷たくなっていたりします。

室温を調整したり、洋服や寝具の枚数を変えてみるなどして対応しましょう。

げっぷが出ない

授乳後などにげっぷが十分出ず、苦しくてなくこともあります。

抱っこして背中をトントンしたりさするなどしてみましょう。

服が窮屈

洋服の伸縮が悪いと手足の動きをさまたげたり、袖口や襟元がきつくて寝苦しくないか確認しましょう。

痛い・かゆいところがある

洋服のタグが肌に当たっていたり、肌が乾燥してかゆかったりすると不快感から泣くこともあります。

特に理由はない・寂しい 等

何をしても泣き止まない時もありますよね。

特に理由がなかったり、寂しかったりするのかな…?と思います。

たみのアイコン画像たみ

こうなると抱っこして安心させてあげるくらいしかできませんよね(泣

赤ちゃんが泣き止まない時の対策

泣いている原因に沿って対応しても泣き止まない時は、胎内環境をイメージした環境を作ってみましょう

方法としては3つあります。

1.心音に近い音を聞かせる

2.ユラユラ揺らす

3.お雛巻きをする

心音に近い音を聞かせる

赤ちゃんが胎内にいた時に聞いていたママの心音に近い音を聞かせると落ち着くことがあります

我が家の息子は換気扇やヒーターから出る風の音を聞くと泣き止むことがありました。

無料で使えるアプリもあるので、ダウンロードしておくと便利です。

たみのアイコン画像たみ

おすすめアプリは『ベビースリープ』です!
色々な音が選べるので、赤ちゃんが気に入るものがきっとあるはず。

ユラユラ揺らす

お腹の中で羊水に浮かんでいた時のようにやさしく体を揺らすのも効果的です。

抱っこしながらユラユラしたり、ハイローチェアなどに寝かせてやさしく揺らしてみましょう。

ちょっときついですが、抱っこしながらゆっくりスクワットをするのもおすすめです。

我が家の息子はスクワットをすると9割方泣き止みます

こちらはなかなか辛いんですけどね…。笑

お雛巻きをする

おくるみやバスタオルで全身をギュッっとくるむと、安心して眠くなりやすいです。

また、スリングや抱っこ紐に入れると落ち着いて眠ってくれることもあります。

我が家ではコニー抱っこ紐を使っていますが、眠ってくれることが多いので助かっています。

何をやっても泣き止まない時は少し離れることもあり

何をやってもまったく泣き止まない時ってありますよね。

何時間も泣き続けられて、何をしても泣き止まない赤ちゃんにイライラすることももちろんあります。

そんな時は赤ちゃんをベビーベッドなど安全な場所に寝かせて、短時間その場を離れてみるのもありです。

もしくは赤ちゃんと同じ部屋にいたままイヤホンで好きな音楽を聴く、なんていうのも良いと思います。

とにかくほんの少しでもママがリラックスできる方法を試してみてください。

私は長男が赤ちゃんだったころ、あまりに泣かれて辛いので耳栓をしながらお世話したりしていました(^^;

耳栓で泣き声が少し小さく聞こえるだけで、多少気が楽になりましたよ。

たみのアイコン画像たみ

泣き叫ぶ声を聞き続けるのが辛くて、耳栓に頼ってました。

泣き止まなくても絶対に揺さぶってはいけない!

泣いてばかりの赤ちゃんにイライラしてしまうことはよくあります。

ですが絶対にやってはいけないのは、赤ちゃんを強く揺さぶってしまうことです。

『乳幼児揺さぶられ症候群』という名前は聞いたことがあると思います。

赤ちゃんを強く揺さぶると頭の血管が切れて硬膜下出血を引き起こし、命に関わる事態になります

もし命が助かったとしても後遺症が残ってしまうこともあるので、どんな状況でも赤ちゃんを揺さぶることは絶対にしてはいけません。

赤ちゃんの泣き方がおかしい時は要注意

赤ちゃんが泣くこと自体は普通のことですが、泣き方がいつもと違うと感じたら要注意です。

泣き方が力なく弱々しくなってきたり、急に泣くのをやめてぐったりしているときは、重大な病気のサインの場合もあります

異変を感じたら小児科に連絡してみるなど、病気のサインを見過ごさないように注意しましょう。

赤ちゃんが泣き止まないことはよくあること!息抜きしながら対応していこう。

生後2ケ月の赤ちゃんが泣き止まない原因と対処法についてまとめてきました。

泣き続ける赤ちゃんの対応をするのは本当に大変ですよね。

長男が赤ちゃん時、2人きりだと泣かれるのが怖くてたまらない時期もありました。

長男の場合は、なぜか私が抱っこすると泣くなんて時期もあり、落ち込んでばかり…

難しいことですが、泣かれても気にしすぎないことも大切です。

疲れた時は少し赤ちゃんから離れてリラックス。

時期が過ぎれば、泣き続けることもなくなってきます。

1人で悩まず、周りにも頼りながら子育てしていきましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる