食事をこぼされない!リッチェル『置くだけ吸盤』で食事時間を楽にしよう

  のアイコン画像  

子どもが食器をひっくり返して困る。
なにか良い対策はないかな?

こんなお悩みありませんか?

息子が手掴み食べをし始めて困った事が1つ。

それは、食事中に食器をひっくり返してしまうこと。

吸盤付き食器が欲しいなと考えていたんですが、物によっては結構高いんですよね。

いろいろ探し回り、最終的に辿り着いたのが『リッチェル トライシリーズ 置くだけ吸盤』でした。

食器はついていない吸盤だけの商品なのですが、これがとても便利!

置くだけ吸盤』を使い始めてから、食器をひっくり返されることがなくなりました

たみのアイコン画像たみ

同じように悩んでいる人にはぜひ使ってみてほしい!

目次

『リッチェル トライシリーズ 置くだけ吸盤』とは?

『置くだけ吸盤』は、リッチェルが販売している『トライ食器シリーズ』の中の1つです。

『トライ食器シリーズ』は正しい食事のマナーが自然と身に付くように作られたステップアップ食器です。

握りやすいスプーンや食べ物をすくいやすい食器など、成長に合わせて使える食器類が揃っています。

その中でも『置くだけ吸盤』は食器をテーブルに固定するためのアイテムです。

生後7ケ月頃の手掴み食べを始める時期からとても重宝するアイテムです

上下に吸盤が付いており、食器とテーブルそれぞれに吸盤を貼り付けて使います。

イメージとしては、食器とテーブルの間に『置くだけ吸盤』を挟む感じです。

食器がテーブルに固定され、食器をひっくり返されるのを防いでくれます。

吸盤付きの食器は数多く販売されているのですが、『置くだけ吸盤』は吸盤単体で売っています

もともと自宅にある食器にも使用することができますし、外出時に持っていくことも可能です

たみのアイコン画像たみ

外食した時に料理ごとお皿をひっくり返された…なんてことも回避できますよ。

『置くだけ吸盤』を使用した感想

実際に使用したところ、食器をひっくり返されることは一切なくなりました!

息子が自力で吸盤を剥がす様子はありません。

結構しっかりくっつきますが、つまみを引っ張れば簡単に剥がすことができます。

食器をひっくり返されることがなくなり、食事の時に感じていたストレスも軽減しました!

たみのアイコン画像たみ

食べ物が散らからないので食後の片付けも楽チンです♪

『置くだけ吸盤』はどんな食器に使えるの?

基本的に『置くだけ吸盤』は『トライ食器シリーズ』の食器用として売られています。

公式HPによると、対応している食器は下記の5つです。

・もぐもぐ期ボウル

・もぐもぐ期プレート

・ぱくぱく期ボウル

・ぱくぱく期プレート

・離乳食スタートセット トレー

我が家では『ぱくぱく期プレート』を使用していますが、もともと自宅にあった食器でもガンガン使っています。

ただ、使用できる食器と使用できない食器があったので、それぞれ解説していきます。

『置くだけ吸盤』が使用できる食器

『置くだけ吸盤』が使用できる食器の特徴は、

食器の底が極力平らなものです。

完全に平らでなくても、多少の丸みであれば問題なくくっつきます。

たみのアイコン画像たみ

小皿や子供用のお椀なら問題なく使用できました。

『置くだけ吸盤』が使用できない食器

『置くだけ吸盤』が使用できない食器の特徴は、

食器の裏側に凹凸があるものです。

写真のように底が平らな食器でも、凹凸があると吸盤がくっつかず『置くだけ吸盤』は使用できませんでした。

『リッチェル トライシリーズ 置くだけ吸盤』は使い勝手抜群。

『リッチェル トライシリーズ 置くだけ吸盤』は、買って大正解の商品でした。

自宅でも、外出先でも使いやすいです。

吸盤と食器が分かれていることで、使い方の幅はかなり広がります

値段も600円ちょっとと手頃なので、試しやすいのが良いところです。

もしお子さんが食器をひっくり返して困っているのであれば、ぜひ試してみてください。

ご覧いただき、ありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる