コニー抱っこ紐の口コミ!実際の使い心地をメリットデメリット含めまとめました

  のアイコン画像  

コニー抱っこ紐って人気みたいだけど、本当に使いやすいの?

こんな疑問に答えます。

コニー抱っこ紐、とても人気ですよね。

我が家はコニー抱っこ紐を使い始めて3ケ月ですが、結論としてはとても使いやすく買って良かったと思っています。

たみのアイコン画像たみ

コニー抱っこ紐はセカンド抱っこ紐として購入しましたが、今ではもともと使っていたエルゴよりも使用頻度は高いです。

今回は実際にコニー抱っこ紐を使っていて感じたメリット・デメリットを含めた口コミを詳しくまとめていきます。

この記事はこんな人に読んでほしい記事です。

  • コニー抱っこ紐を購入しようか迷っている人
  • コニー抱っこ紐の使い心地が知りたい人
  • コニー抱っこ紐の口コミが知りたい人
目次

コニー抱っこ紐とは?

コニー抱っこ紐は、赤ちゃんとの時間をより「楽しく」、ママパパの生活をより「スタイリッシュに」をテーマに作られた抱っこ紐です。

セット内容は抱っこ紐本体と外紐・巾着袋です。

新生児(4㎏)~20㎏まで使うことができます。

コニー抱っこ紐は肩全体を覆う構造で荷重を分散させるので、肩や腰への負担が少ないのが特徴です。

たみのアイコン画像たみ

実際に使っていても、肩や腰の痛みは感じません。

季節関係なく使える『オリジナル』と、通気性抜群で夏におすすめな『サマー』の2タイプがあるので、好みの方を選ぶことができます。

『オリジナル』は200g、『サマー』は160gと軽量なので、持ち運びしやすいのも特徴の1つです。

コニー抱っこ紐を選んだ理由

私がコニー抱っこ紐を選んだ理由は、

  • 車の中でも装着しやすい
  • 見た目がゴツくない
  • 軽くて持ち運びしやすい

という3つの条件が揃っていたからです。

もともとはエルゴの抱っこ紐を使っており、機能的には全く不満はありませんでした。

ただエルゴは作りがしっかりしているぶん、かさばるので、狭い車内で装着するのはなかなか大変でした。

たみのアイコン画像たみ

天気が悪い日は車内で抱っこ紐を付けることが多いです。

そして、かさばるので持ち運ぶには荷物になる。

もう少し手軽に使える抱っこ紐が欲しくなり、

  • 狭い車内でも装着しやすい
  • できればエルゴより見た目がスッキリしたもの
  • 軽くて持ち運びしやすい

という3つの条件の中で探した結果、周りでも使っている人が多かったコニー抱っこ紐を選びました。

私はコニー抱っこ紐をセカンド抱っこ紐として購入しましたが、他のおすすめ抱っこ紐も知りたい方はセカンド抱っこ紐のおすすめ5選!も合わせて読んでみてください。

コニー抱っこ紐を使って感じたメリット

実際にコニー抱っこ紐を使っていて感じたメリットは6つです。

  • 抱っこ紐の装着が楽
  • 赤ちゃんが良く寝てくれる
  • 見た目がスッキリ
  • コンパクトに畳めて持ち運びに便利
  • 洗濯が楽
  • 抱っこ紐をしたままトイレに行ける

抱っこ紐の装着が楽

コニー抱っこ紐は作りが単純でベルト等がないため、装着がとても楽です

多機能型抱っこ紐(エルゴなど)だと、腰ベルトを付けて、赤ちゃんを抱っこ紐に入れた後にもベルトで長さを調整して…といった作業が必要ですよね。

でもコニー抱っこ紐なら、パッと着て、赤ちゃんを抱き上げて左右の布を被せるだけ。

慣れるまで練習は必要ですが、慣れてしまえば他の抱っこ紐より短時間でササッと抱っこ紐の装着ができますよ。

赤ちゃんが良く寝てくれる

コニー抱っこ紐は他の抱っこ紐と比べ、赤ちゃんとの密着感が強いです。

最初は「ちょっときついかな?」と心配になりますが、この密着感が心地よいのか、我が家の次男は結構な確率で寝落ちします

普通に抱っこで寝かしつけるよりも楽なので、我が家ではお昼寝の寝かしつけの時にも使っています。

たみのアイコン画像たみ

コニー抱っこ紐は外すのも簡単なので、布団に下ろすのも楽です。

見た目がスッキリ

ベルトのバックルや紐などのパーツがないため、見た目がスッキリスマートです

私はメインの抱っこ紐としてエルゴを使っているのですが、エルゴはしっかりした作りになっているぶん、見た目はかなりゴツいのが気になるところでした。

たみのアイコン画像たみ

エルゴの上にコートを着たりリュックを背負うと、半端ないゴツさになりますよね。

軽量&コンパクトに畳めて持ち運びに便利

コニー抱っこ紐は200gと超軽量

収納する巾着も付いているため、持ち運ぶのも楽です。

鞄に入れておけば、外出先で抱っこをせがまれた時にも対応できて便利です。

洗濯が楽

コニー抱っこ紐のお手入れ方法は、

洗濯機の「ドライコース」で冷水・単独洗い後、日陰で自然乾燥

となっています。

たみのアイコン画像たみ

洗濯機で楽に洗えるのは嬉しいポイント!

ベルト等のパーツが付いていないので乾くのも早いです。

抱っこ紐をしたままトイレに行ける

個人的に1番嬉しかったポイントが、抱っこ紐をしたままトイレに行けることです。

腰ベルトが付いているタイプの抱っこ紐だとズボンが下ろせないので、外出時のトイレで困ったことが何度もありました。

たみのアイコン画像たみ

夫が一緒にいれば抱っこを交代してもらえるけど、自分1人だと抱っこ紐を外した後の赤ちゃんの居場所がないので困るんです。

ですがコニー抱っこ紐は腰ベルトがないので、「抱っこ紐のせいでズボンが下ろせない」なんてことになりません。

コニー抱っこ紐を使って感じたデメリット

コニー抱っこ紐を使っていて感じたデメリットは4つです。

  • サイズ選びが難しい
  • 他の人と共用できない
  • 腕が挙げられない
  • リュックが背負い辛い

サイズ選びが難しい

コニー抱っこ紐は2XS~5XLの10サイズから選ぶことができ、自分にぴったりなサイズを探すことができます。

ですが、このサイズ選びがかなり難しい。

小さいサイズを選んでしまうときつすぎて赤ちゃんを入れるのが大変になりますし、大きいサイズを選んでしまうと赤ちゃんが下がってしまい、体に負担がかかってしまいます。

公式HPによると、タイトなTシャツに赤ちゃんを入れるイメージでサイズを考えれば良いようなのですが…

たみのアイコン画像たみ

タイトなTシャツ、着たことなくてイメージできない…

赤ちゃんの月齢や体重は関係なく着用者のトップスサイズを基準にサイズを選ぶのですが、産後は体型も変わりやすいですし、サイズ選びは慎重にしたほうが良いです

他の人と兼用できない

コニー抱っこ紐はサイズ調整ができないので、体格が違う人との共用はできません

我が家の場合は私の体格に合わせてサイズを選んだため、夫はコニー抱っこ紐を使えません。

体格が同じくらいの家族でなら共用できると思いますが、基本的には自分専用の抱っこ紐と考えて購入した方が良いと思います

腕が挙げられない

コニー抱っこ紐は肩~二の腕までを覆うので、腕を挙げることができません。

そのため、洗濯物を干したり高いところの物を取ったりするような動作は難しいです。

たみのアイコン画像たみ

抱っこ紐をしたまま家事をしたいと考えている方には、コニー抱っこ紐は向かないかもしれません。

リュックが背負い辛い

肩~二の腕までが抱っこで覆われており腕を挙げにくいので、リュックが背負いづらいです。

そして、背負ってもずり落ちやすい。

ただ、これは私の体格が原因なのかなと思います。(なで肩というわけではないのですが…)

たみのアイコン画像たみ

「リュックが背負いやすくて便利!」という口コミもあったので、体格次第なのかな。

私は基本的にマザーズバッグとしてリュックを使っているので、これは結構なデメリットでした。

コニー抱っこ紐はサイズ選びが超重要

【コニー抱っこ紐のデメリット】でも挙げましたが、コニー抱っこ紐のサイズ選びは結構難しいです

ピッタリサイズを選べれば問題ありませんが、大きすぎたり小さすぎるサイズを選んでしまうと使いにくかったり体に負担がかかったりしてしまいます。

ですが、店舗がないため試してからサイズを決めるということができません。

  のアイコン画像  

じゃあピッタリサイズを選ぶなんてできないじゃん。

そんな時に使える機能が、コニー抱っこ紐公式HPの『SIZE FINDER』です。

簡単なアンケートに答えるだけで、自分に最適なサイズを教えてくれるんです!

私は『SIZE FINDER』を使って自分のサイズを決めましたが、ピッタリのサイズを選ぶことができました。

たみのアイコン画像たみ

身長154㎝、(産後の)体重52㎏でSサイズを使っています。

サイズガイドや選び方のポイントは公式HPに詳しく載っていたので、参考にしながらサイズを選んでみてくださいね。

コニー抱っこ紐を使ってみた感想

結論として、コニー抱っこ紐はとても使いやすくて大満足の買い物でした。

セカンド抱っこ紐として購入したコニー抱っこ紐でしたが、寝かしつけやちょっとした外出時に使いやすく、軽くてコンパクトに収納できるので持ち運ぶにも楽ちん。

今ではもともとメインで使っていたエルゴよりも使用頻度が高いくらいです。

デメリットもありましたが、それを上回るメリットが多い。

6,880円という値段の割に使い勝手が良いので、コスパも良いと思います。

まだ使い始めて3ケ月(息子は生後4ケ月)なので、息子が成長していってからの使い心地はまた追記していきたいと思います。

たみのアイコン画像たみ

ひとまず、今のところは文句なしの使い心地です!

コニー抱っこ紐の口コミまとめ

改めてコニー抱っこ紐のメリット・デメリットをまとめます。

  • 抱っこ紐の装着が楽
  • 赤ちゃんが良く寝てくれる
  • 見た目がスマート
  • 軽量&コンパクトに畳めて持ち運びに便利
  • 洗濯が楽
  • 抱っこ紐をしたままトイレに行ける
  • サイズ選びが難しい
  • 他の人と共用できない
  • 腕が挙げられない
  • リュックが背負い辛い

コニー抱っこ紐は人気の通り、とても使いやすくコスパの良い抱っこ紐です。

コンパクトな抱っこ紐が欲しい、寝かしつけに使える抱っこ紐が欲しいという方にはピッタリです

メインの抱っこ紐で使うというよりは、セカンド抱っこ紐として持っておくと使い勝手がよく便利だと思います。

これから抱っこ紐を買う方、セカンド抱っこ紐を探している方はぜひチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる