育児を楽にするセカンド抱っこ紐のおすすめ5選!選び方も合わせて解説

  のアイコン画像  

セカンド抱っこ紐が欲しいけど、選び方がわからない。
失敗はしたくないし、おすすめはある?

こんな悩みに答えます。

出産前後に抱っこ紐を買っておくことが多いと思いますが、いざ使ってみたら「なんか違う…使いにくい」なんてことありませんか?

もう1つ抱っこ紐を買おうと思っても、また失敗したら嫌ですよね。

この記事ではセカンド抱っこ紐の選び方と、セカンド抱っこ紐におすすめな抱っこ紐5つを紹介しています。

たみのアイコン画像たみ

セカンド抱っこ紐選びの参考にしてみてください。

目次

セカンド抱っこ紐の必要性

セカンド抱っこ紐は必ずしも必要なものではありません。

ですが、抱っこ紐を2つ持っていると実はとっても便利です。

なぜなら、日常生活の中で抱っこ紐の使い分けができるから。

私の場合、メインはエルゴ、セカンド抱っこ紐としてコニーを持っています。

メインのエルゴは長時間のお出掛けや荷物が多くなりそうな買い物の時によく使い、コニーはちょっとしたお出掛けや寝かしつけの時に使っています。

抱っこ紐は種類によって利便性が異なるので、メインの抱っこ紐と、メインとは別の機能を備えたセカンド抱っこ紐を使い分けることで育児負担を軽減することができます

あとは抱っこ紐を2つ持っていれば、片方を洗濯していても「抱っこ紐が渇いてなくて使えない!」なんてことがないのも良いところです。

たみのアイコン画像たみ

メイン抱っこ紐のエルゴは洗濯すると渇くのに時間がかかるので、その間はセカンド抱っこ紐のコニーを使っています。

セカンド抱っこ紐の選び方

セカンド抱っこ紐を選ぶ時に考えるポイントは3つです。

  • 使用用途を明確にする
  • 使用する月齢を考える
  • 使用する季節を考える
たみのアイコン画像たみ

それぞれ説明していきます。

使用用途を明確にする

セカンド抱っこ紐を選ぶ前提として、いつどんな時に使用するのかを明確にすることが大切です

お出掛けの時メインで使うのか、寝かしつけの時メインで使うのかによって選ぶ抱っこ紐は変わってきます。

今持っている抱っこ紐では足りない機能を補える抱っこ紐を選べば、使い分けができるので便利です。

使用する月齢を考える

セカンド抱っこ紐を使用する時の赤ちゃんの月齢によっても選ぶべき抱っこ紐は変わってきます。

例えば、新生児期の赤ちゃんなら首をしっかり支えてくれるキャリータイプやベビーラップ、スリングがおすすめ。

たみのアイコン画像たみ

使用する月齢に合わせて抱っこ紐を選ぶことで、「買ったけど結局使えなかった…」という問題が起こりにくくなります。

使用する季節を考える

抱っこ紐の素材によっては夏でも蒸れにくく、涼しく使えるものもあります。

メッシュ素材など通気性の良い物を選べば、赤ちゃんもママ・パパも快適に使うことができます。

おすすめセカンド抱っこ紐5選

セカンド抱っこ紐におすすめな5つの抱っこ紐を紹介します。

紹介している抱っこ紐はどれも軽量で持ち運びしやすく、セカンド抱っこ紐にぴったりなものばかりです。

セカンド抱っこ紐の使用用途・赤ちゃんの月齢・使用する季節などを考慮して選んでみてくださいね。

  • モンベル ポケッタブルベビーキャリア
  • ベビービョルン ベビーキャリアMINI
  • コニー抱っこ紐
  • スモルビ 軽量すやすや抱っこ紐
  • ベッタ キャリーミー
たみのアイコン画像たみ

それぞれ特徴をまとめていきますね。

ベビービョルン ベビーキャリアMINI

対応月齢新生児~12ケ月
重さ約500g
サイズ調整
手入れ方法40℃までの水でネット使用(洗濯機可)
値段7,500~11,000円

対面抱っこ、前向き抱っこの2通りで使える抱っこ紐です。

3種類の素材(コットン・メッシュ・ジャージー)があり、通気性が良いのはメッシュ、速乾性ならジャージー、吸湿性が良いのはコットンなので、好みに合わせて選ぶことができます。

装着が簡単なセパレート構造なので、まだ抱っこ紐を使うのに慣れていないママ・パパでも安心して使うことができるのも魅力です。

コニー抱っこ紐

対応月齢新生児(4㎏)~20㎏
重さオリジナル:200g
サマー:160g
サイズ調整不可(2XS~5XLの10サイズから選択)
手入れ方法洗濯機の「ドライコース」で冷水単独洗い後、日陰で自然乾燥
値段6,880円

新生児の時にはスリングとして、大きくなったら抱っこ紐として使えます。

ママと赤ちゃんがしっかり密着するので、赤ちゃんが良く寝てくれる抱っこ紐としても話題ですよね。

肩全体を覆う構造で荷重を分散させるので、肩や腰への負担が軽減できます。

季節関係なく使える『オリジナル』と、通気性抜群で夏におすすめな『サマー』があるので、好みの方を選ぶことができます。

ただ、コニー抱っこ紐のデメリットとしてはサイズ選びが難しいところです

2XS~5XLの10サイズから選ぶことができるので、公式サイトでよく確認してから購入することをおすすめします。

たみのアイコン画像たみ

私はセカンド抱っこ紐としてコニーを使っています。
レビュー記事も参考にしてみてください。

スモルビ 軽量すやすや抱っこ紐


【ママ割ポイント3倍】レビューで特典★抱っこ紐 新生児 抱っこひも ベビー だっこひも 収納 出産祝い ギフト コンパクト 軽量 スリング 赤ちゃん パパママ兼用 サイズ調節可能 軽量すやすや抱っこ紐 ベビースリング 新生児
対応月齢新生児(3㎏)~20㎏
重さ204g
サイズ調整
手入れ方法洗濯ネットに入れて「おしゃれ着モード」で可
値段5,980円

コニー抱っこ紐と似ていますが、スモルビの抱っこ紐はサイズ調整ができるためママ・パパの兼用が可能です

密着感があり赤ちゃんが良く寝てくれるという口コミが多く、寝かしつけにも使いやすい抱っこ紐です。

ベッタ キャリーミー!

対応月齢新生児~11.3㎏まで
重さ250g
サイズ調整
手入れ方法手洗いor洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いOK
値段7,920円

新生児は横抱き、首腰がすわってきたら縦抱き・腰抱きできるようになります。

長時間の抱っこに使うというよりは、寝かしつけやちょっとしたお出掛けに使いやすい抱っこ紐です。

サイズ調整は可能ですが、『キャリーミー!』よりも肩ひもが13㎝長い『キャリーミー!ロング』もあります。

少し大きめのものが欲しいパパやママにおすすめです。

モンベル ポケッタブルベビーキャリア

対応月齢対面抱き:腰がすわってから(6ケ月頃)~13㎏(24ケ月頃)
おんぶ:腰がすわってから(6ケ月頃)~15㎏(36ケ月頃)
重さ372g
サイズ調整
手入れ方法洗濯機で丸洗いOK
値段6,490円

モンベルのポケッタブルベビーキャリアは、抱っことおんぶ2通りで使える抱っこ紐です。

荷重をウエストで支えるので疲れにくい作りになっています

通気性に優れていて蒸れにくいのも特徴です。

たみのアイコン画像たみ

洗濯しても乾きやすいのがいいね。

そしてなんと小物の収納に便利なポケットも付いています。

夏は保冷剤、冬はカイロを入れて体温調節にも使えそうです。

対応月齢が腰がすわってから(6ケ月頃)なので低月齢のうちは使えませんが、おんぶであれば体重15㎏(36ケ月頃)まで使えるので、コスパはかなり良さそうです。

セカンド抱っこ紐の選び方のポイント・おすすめ抱っこ紐まとめ

セカンド抱っこ紐の選び方のポイントとおすすめ抱っこ紐をまとめます。

  • 使用用途を明確にする
  • 使用する月齢を考える
  • 使用する季節を考える
  • モンベル ポケッタブルベビーキャリア
  • ベビービョルン ベビーキャリアMINI
  • コニー抱っこ紐
  • スモルビ 軽量すやすや抱っこ紐
  • ベッタ キャリーミー!

セカンド抱っこ紐は必ずしも必要なものではありませんが、手持ちの抱っこ紐と使い分けをすることで育児負担を軽くすることができます。

手持ちの抱っこ紐で満足できない部分があれば、セカンド抱っこ紐の購入を検討してみましょう。

購入前に抱っこ紐を試してみたい…という場合は、レンタルして試す方法もあります。

ベビーレンタなら最短1週間からレンタルできるので、購入前のお試し利用にぴったりです。

紹介したおすすめ抱っこ紐を参考にして、使用目的に合わせた抱っこ紐を選んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました❀

この記事を書いた人

2歳と0歳の息子を育てる主婦です。

家事はゆるく手を抜きつつ、育児は子供も自分も笑顔でいるをモットーに、毎日なんとかやっています。

子育て・暮らしについてのブログを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる